外部とのデータ受け渡しをセキュアに

こんにちは、Jector Team です。

シャドー IT は未だに頻繁に耳にする、多くの企業で抱える問題です。
外部とのデータ受け渡し時、シャドー IT は情報漏洩や管理が行き届かないといった危険をはらんでいます。
頭を抱える外国人3

しかし、以下の様な「セキュアに管理している」とは言い難いやり取りが多く行われています。

  • 全世界に公開されているサービスにデータをアップロードし、データの一人歩きを許してしまう
  • メールで受け渡しを行い、やり取りの頻度もデータ容量も増やしてしまう

今回紹介する Jector のファイル便機能は、外部とのデータ受け渡しをセキュアにする機能の一つです。
Jector 上でセキュリティ設定(プレビューのみを許す設定、公開期限設定、パスワード設定)が行えるだけでなく、送信後の管理も行えるためシャドー IT 問題の解決になります。

送信編

Jector 内からファイル便を送るのは、わずか 2 STEP です。

1. ファイルの選択
ファイル送信画面

まずは送りたいファイルを選びます。
もちろん、複数のファイルを同時に送ることも可能です。
複数のファイルを選ぶ際は、マウスで範囲を選ぶことで簡単に選択が出来ます。

2. 送信先やメッセージを記載して送信
ファイル便送信画面

送信先を追加し、必要に応じてメッセージを記載します。
公開期限の設定やパスワードが設定できる他、よりセキュアに使っていただけるよう、
送信先毎にプレビューのみを許す設定が可能です。

これらの記載・設定が一つの画面で完結します。
あとは、送信ボタンを押せばファイル便の送信は完了です。
(iOS や Mac/Windows アプリでの送信方法はこちらをご覧ください)

受信編

受け取り

受け取ったファイルは一覧で確認できます。

スクリーンショット 2016-01-29 13.42.58

各ファイルはダウンロードすることなしに拡大プレビューが可能です。

管理編

filemaillog 誰がどこにファイル便を送ったのか、専用のログ画面から確認することが可能です。
管理者ユーザはチーム内の全てのログを見ることが出来ます。

ファイル便機能で、セキュアなデータの受け渡しを実感してください!

Jector の詳細はこちら
無料試用のご登録はこちら

facebooktwitter